粛清の末、学生会々長のリョーコは、風紀を乱す不良どもを一掃した。しかしその事が原因で資金繰りに行き詰った学園は、リョーコの親友であり学園のヒロインでもあるサクラを、スポンサーへの生贄として捧げようとする。サクラの純潔を守る為、リョーコは身代わりを申し出、不良共の慰みモノとなった。エスカレートしてゆく欲望、荒れてゆく学園。性奴会長へと堕ちた少女へと与えられる恥辱の数々。果たしてリョーコは、快楽に屈する事無く、サクラを守り通せるのか?結末は……神のみぞ知るばかりである。