男の名は龍堂寺士門(りゅうどうじ・しもん)。4年前のある日、ある事をきっかけに、科学教師の職を離れることになった彼は、単身用のボロアパートで、身を隠すようにひっそりと、慎ましく暮らしていた。そんなある日のこと、士門の元に日通の書類が届く。それは、都内でも名高い私立名門校からの、見に覚えのない採用通知だった。疑問や懸念が渦巻く中、龍堂寺は再び学びやに足を踏み入れる。通された理事長室に悠々と座っていたのは、昔、同じ学校で教員として働いていた『竜崎さやか』だった。さやかは、戸惑う龍堂寺に、一冊の企画書を突き付ける。『フル・ライフサポーター育成計画』と銘打たれたそれは、優れた容姿と肉体、そして性技術を持った女性を、就職と称して富裕層に斡旋するシステムで、その『英才教育』を学園が行うという、驚愕の内容だった。そして、自分がその『英才教育』の講師として従事する……それが、復職条件だという。内心小躍りしたい程の興奮をひた隠しにしながら、龍堂寺はそれを引き受ける。「では、このリストに上げられた4人の生徒を、最高の『商品』に仕立ててちょうだい」あまりにも出来過ぎた話。その裏に、きな臭い陰謀の匂いを感じながらも……龍堂寺は、この4年の間、己の内に潜んでいた肉欲と、蹂躙への疼きが、沸点がごとく激しく沸き立つのを感じていた……。