時は西暦21XX年――未だに人類は滅亡の危機に瀕していた!!人類の出産率の低下に伴い少子化が更に進み、特に男児の出生率が減る一方になった。現在は人類の男女比は1:107210となり、さらに女尊男卑の社会になっていた。この事態に危機を感じた各国の首脳達は少子化対策のため、『SEX新法』、『自由性行為許可証』の徹底化を図ったが、人類滅亡の危機の歯止めにはならなかった……政府は、男の方にも強制力が働いている為、中出ししないといけないと言う、男の方にもストレスがあると考え、さらに『オーラル許可証』、いわゆる、精液の無駄うち許可証を発足した。さらに、ある特定の人物をその場に呼び出して、Hが出来る『呼び出し許可証』をさらに許可証に追加した。この新たな許可証が吉と出るか凶と出るか、今は誰も知る由もなかった……