通学中の電車の中、視界に金色の髪が飛び込んできた。最近転校してきた留学生、シェリル・メイヤーだ。密着とまではいかないけれど、とんでもなくでかい乳がすぐ触れそうなところにある。車両の揺れともあいまってすごい迫力だ。――シェリルが転校してきてから数日が経っているけれど、日陰者の俺は、挨拶どころか、会話らしい会話をしたこともない。……つうか、近くで見ると……さらに……。なんてことを考えていると同時に、電車がおおきく揺れ、バランスを取るためにとっさに振り上げた手が、あろうことかシェリルの乳に……!?悲鳴をあげながら手を叩き落とされるかと思ったが、なんか様子がおかしいな。それに、すこしずつこっちに体重をあずけてるような……?「ど、どういうつもりだよ……?シェリルさん……」「what?ワタシのナマエ、どうして……。会ったこと、ありませんよネ?」っ……!!話したこともないけど、クラスメイトだろ!?毎日、教室で何度もすれ違ってるだろうが。どこにもぶつけようがない怒りで頭が真っ白になる。いや、もう、さっきから妄想していた欲望しか見えない。それに、向こうから乳を圧しつけてきているしな……!「どうせ見下してんだろ?俺なんかに触られても何にも思わないんだろ?だったら……!!」